キャッシング 即日をする為にカード会社の審査にはどんな書類が必要?

キャッシング 即日を利用する為には申込後に審査を受けないといけません。カード会社の審査では書類が必要になりますのでその書類についても把握しておきましょう。

キャッシング 即日の融資とカードローンの違いとは?

キャッシング 即日の際にカード会社に提出する書類

即日キャッシングの申込と審査に必要になる書類は主に2つ、本人確認書類と収入証明書類です。
まず本人確認書類は必ず必要になる書類で、運転免許証や健康保険証、パスポート等が該当します。
つまり即日キャッシングに申込をしているのが本人だと確認できる書類ならどれでも良いという形です。運転免許証や健康保険証は常に持ち歩いているものだと思いますのでそれを提出すればいいでしょう。
次に収入証明書類ですが、これは必要になる場合と必要ない場合に分かれます。基本的には借入金額が50万円を超える高額融資になる場合に必要です。
逆に50万円未満であれば本人確認書類だけで申込と審査が可能です。
もし50万円を超える借入を希望する場合は事前に収入証明書類を用意しておきましょう。給与明細などが該当します。融資額が大きくなると収入を詳しく証明しないといけないわけです。

審査に落ちる場合は?

この2つの書類が揃っていないと審査を受けることができず、契約もできません。
当然ですが即日キャッシングは難しくなりますので注意しましょう。
特に収入証明書類が必要になる場合、本人確認書類と違って普段手元にあるものではないので事前の準備がポイントです。どういう場合にどんな書類が必要なのか、キャッシング会社のホームページで確認するなどして対応しておきましょう。

お金を借りたいな

キャッシング 即日参考サイト : 金融庁

 

必要書類を提出し即日キャッシング受けるとき業者の回答について

即日キャッシングを利用するためには必要書類を提出し審査を受けます。審査後の業者の回答によってキャッシングできるかどうかが決まる仕組みです。
つまり審査に合格しないとお金を借りることはできないのです。

即日キャッシングの一般的な流れ

即日キャッシングの審査

即日キャッシングを利用するための大まかな流れとしてはまずはホームページや自動契約機、店頭で申込をします。氏名、住所、年齢、勤務先、勤続年数、借入希望額、他社からの借入の有無などの必要な情報と必要書類を提出して申込手続きは完了です。

その後は審査が行われ、審査に通れば最終的に契約手続きを完了させ即日でのキャッシング、審査に通らなかった場合は残念ながら契約はできないのでお金も借りられません。
業者の回答とは要はこの審査に通ったか、通らなかったかの回答ということになります。審査は30分ほどで終わりすぐに伝えられます。キャッシングを即日で利用するためにも非常に重要な審査ですが審査の基準は非公開のため事前に対策するのは難しいのが現状です。

最低限の収入は必要?

ただ、最低限の条件として毎月安定した収入がある事と決められていますのでこの条件さえクリアしていれば審査に通る可能性は十分にあります。
結局は業者の回答待ちになってしまいますが安定した収入があるならまずは申込をして審査を受けてみましょう。
キャッシング会社によってはホームページで簡易的な審査を受けることができ、融資可能かどうかをすぐに回答してくれるのでこのサービスを利用するのもいいでしょう。

契約をする場合のカード手数料で知っておきたい事

キャッシング 即日の方法について

キャッシング 即日、つまり契約した当日にお金を借りられて急いでいる時にとても便利です。

カードさえ作ればすぐにでも即日にお金を借りられるのですが、このカードを利用する際の手数料についても知っておきましょう。

キャッシング 即日の場合の事情

即日キャッシングにおけるカード手数料は借入時、返済時に発生する可能性があります。必ず手数料が必要なわけではなく、提携ATMを利用した場合に発生するというのが一般的です。
たとえば近所のコンビニATMを使って借入したり返済する場合はカード手数料が発生する仕組みです。
これらの金額は各キャッシング会社によっても違いますが数百円くらいが相場でしょう。小さな額ではありますが毎月の返済時に毎回カード手数料を支払うことになれば最終的にはそれなりの額になってしまいます。

キャッシング会社のATMがお得?

カード取引にかかる費用を発生させずにキャッシングを利用するにはなるべくキャッシング会社のATMを使いましょう。これならお金も発生しません。借入はインターネットから申込できるところがほとんどなのでネットを利用して自分の銀行口座にお金を振り込んでもらえばやはり手数料は発生しません。もちろん店頭で直接借入や返済をしてもかかる費用なしで手続きが可能です。
コンビニATMでの借入、返済は近くのお店を利用すればいいため手間がかかりませんし、買い物のついでに済ませられるので便利なのですが手数料がかかります。
このことを知っておけば即日でのキャッシングをより上手に使いこなせるようになるでしょう。

お金を借りたいな

カード発行の為の必要種類提出と振り込み手数料

即日でキャッシングを利用するためにはまずカード発行をしないといけません。
この時に必要となる書類がありますので注意しましょう。

 

書類がないと即日には借りられない?

即日キャッシングのカード発行の為の必要種類

書類が揃っていないと契約手続きを完了することができず、即日キャッシングも不可能になってしまいます。即日キャッシングのカード発行時に行う必要書類提出としては本人確認書類が代表的です。

免許証や保険証など、申込者が本人であることを証明するための書類です。
車の運転をする人は常に免許証を携帯しているでしょうから特に問題ないでしょう。
また、場合によっては収入証明書類が求められることもあります。原則として50万円以上の借入になる時は収入証明書類が必要になるのでチェックしておきましょう。

 

手数料が無料のところもある?

もう1つ抑えておきたいのが振り込み手数料です。即日キャッシングでは希望する借入金額を指定口座に振り込んでもらう形になるのですがこの時に振り込み手数料が発生する可能性があります。
振り込み手数料がかかるのか、かかるとしたらいくらになるのか、これはキャッシング会社によってそれぞれ違いますので事前にホームページなどで確認しておくのがいいでしょう。
振り込み手数料が無料となるキャッシング会社を利用すれば無駄を省くことも可能です。
最近では振り込み手数料無料の対応をしているキャッシング会社も増えており、特に大手は無料のところが多いのでおすすめです。借入の際の費用を最小限に抑えるためにも振り込み手数料についてしっかり調べることがポイントです。

融資と早期返済のルール・カードローンの違いとは?

即日キャッシングはすぐにお金を借りられてとても便利ですが返済についてもしっかり考えないといけません。
後で苦労しないために融資を受けたら返済計画を立て、余裕があるなら早期返済を目指しましょう。

 

即日キャッシングは申込から融資までが早い

即日キャッシングの融資と早期返済のルール・カードローンの違いとは?

即日キャッシングは申込をして契約が済めばすぐに融資を受けられます。

その後は毎月指定日に一定額を返済していくのが基本で、これはカードローンのルールとしては一般的です。たとえばクレジットカードでも毎月一定額を返済していくのは同じです。
ただ、即日キャッシングでは早期返済を目指すことも可能になっており、一度に返済する額の上限は設けられていないのです。
つまり毎月の返済額が1万円だったとして、余裕がある月は2万円、3万円と多めに返済してもいいのです。

 

早期返済する時は?

もちろん最初の返済日に全額を一括返済してしまっても問題ありません。事前に決められた毎月の返済額は最低限返済すべき額で、それ以上返済することも可能な仕組みになっています。
毎月の返済時には利息も支払っています。返済回数が多くなるほど利息の支払額が増えてしまうわけです。
少しでも利息の負担を減らして完済を目指すなら早期返済も視野に入れて余裕のある月は多めに返済しておく事がコツです。クレジットカードや一般的なローンのように毎月決められた額だけを返済する必要はないのでそのことも踏まえたうえで返済計画を立てるとスムーズな返済ができます。
上手に即日キャッシングを使いこなすためには重要なポイントです。

利用者が自動契約機で振込依頼するための知識

即日キャッシングの利用者は自動契約機で契約し振込依頼する、というのが一般的な流れです。
では自動契約機で契約をして振込依頼するために必要な知識について学んでおきましょう。この流れさえ抑えておけばスムーズに即日キャッシングを利用できます。

即日キャッシングに関する振込依頼

まず自動契約機での契約は自動契約機のアナウンスに従いながら必要な情報を入力、その後に必要書類を提出という形になっていて、アナウンスがあるので初めてでも特に困ることはないでしょう。どうしても困ったときは備え付けの電話を使ってスタッフと直接話をすることも可能なので安心です。
申込が終わるとその場で審査が始まり、30分ほどすると自動契約機から審査の結果が伝えられます。
審査に通っていれば無事に契約となり、契約完了後にすぐにカードが発行されます。
このカードを使ってATMから即日キャッシングとしてお金を借りてもいいのですが、申込時に希望する借入金額を伝えておけば契約完了後に指定口座へと振り込んでくれます。つまり申込がそのまま振込依頼になっているような形です。振込も銀行の営業時間内であればすぐに行ってくれますので銀行に行って引き出しましょう。

ウェブからも申し込み可

また、振込依頼は契約完了後であればホームページからも行えるケースがほとんどなのでそちらを利用してもかまいません。
いずれにしても銀行の営業時間にさえ気を付けておけば即日キャッシングが可能です。審査に少し時間がかかることを考えると申込は午前中に行うのが理想的です。

クレジット会社のクレジットカード利用とキャッシングの金利の違い

クレジットカードと即日キャッシング、どちらもお金を借りるという意味では同じサービスです。
ただ厳密にはそれぞれ違うサービスでたとえば金利においても違いが見られます。即日キャッシングとクレジットカードのそれぞれの金利の違いについて確認しておきましょう。

 

それぞれの金利の違い

 

金利というのは返済時に支払う利息の額を決めるためのもので、年率10%といった形で表現されます。年率の数字が大きいほど利息の額も高くなるわけです。
この金利は上限が法律で決められており、その上限を超えない範囲でクレジット会社やキャッシング会社が自由に設定できます。
とはいえ各会社で差はそれほどなく、一般的には年率14%から18%ほどとなっています。
これはクレジット会社でもキャッシング会社でも同じなのでその意味での違いは無いと考えていいでしょう。むしろ大事なのはクレジット会社かキャッシング会社かに関わらずどこの金利が低いのかという部分です。
金利が低ければそれだけ利息の支払負担は減りますので各社を比較することは大切です。事前にホームページなどで金利を確認しておくと返済時の負担を最小限に抑えられます。

 

キャッシングの方が良い面は?

 

また、クレジットカードは基本的にカードで支払いを済ませるもの、即日キャッシングは現金を借りられるものという違いもありますのでこちらも重要です。
現金が欲しいという場合はクレジットカードよりも即日キャッシングの方が適しているわけです。自分の状況によってどちらが最適かを考えることもポイントなのです。

即日キャッシング利用時の口座振込の申し込み方法とは?

即日キャッシングでは口座振込を利用することが可能です。
口座振込を利用すれば簡単にお金を借りられますので即日キャッシングの申し込み方法について抑えておきましょう。

 

ネットから申し込みする場合

 

たとえば現在主流となっているインターネットから申し込みをする場合、まずは氏名や住所、借入希望額、口座の情報など必要な情報を入力して必要書類と一緒に提出します。
その後は審査が行われ、審査に通ると契約手続きへ進み契約手続きが終わればその日からキャッシングを利用できるようになります。
この申込時に口座振込のために必要な情報は提出していますから契約が済めば希望した借入額がそのまま銀行の指定口座へと振り込まれる形です。銀行の営業時間が過ぎていると翌営業日扱いになってしまいますが、営業時間内であれば契約完了後に銀行に行けば既にお金が振り込まれているはずです。
つまりキャッシング利用の申し込みがそのまま口座振込の申し込みにもなっているのです。

 

口座振込に関して

 

自動契約機や店頭での申し込みの場合はその場でお金を借りるのが一般的ですが口座振込にしてほしいと伝えれば問題ありません。
また契約完了後はインターネットなどから申し込みをすればいつでも何度でも口座振込による借入が可能です。特別な申し込みをする必要もなく、会員契約さえ済んでいれば口座振込が利用できますので非常に簡単です。
コンビニATMから借りることもできますが手数料が必要になる可能性があります。それなら口座振込の方が費用を少なく抑えられるので口座振込を上手に使って即日キャッシングを利用しましょう。

即日キャッシングの銀行口座引き落とし日の手続きについて

即日キャッシングで借りたお金は当然返済することになります。返済の方法はいくつかあり、即日キャッシングの場合でも現在ではATMでの返済が主流でしょうか。
ただATMでの返済は返済を忘れてしまうリスクがあり、銀行口座からの引き落としによる返済を希望する方も多くいます。引き落としには手続きが必要になりますのでその手続きについて、さらに引き落とし日についても確認してみましょう。

 

まずは基本事項を知っておこう

 

まず即日キャッシングは最初から口座引き落としによる返済にはなっていないので個別に手続きを済ませる必要があります。
キャッシング会社ごとに手続きの内容は多少違いますが一般的には郵送で口座振替依頼書を送り、キャッシング会社側で手続きが完了した時点で口座引き落としによる返済が始まります。
詳しい手続きについてはキャッシング会社のホームページを確認するか、直接電話して問い合わせてみましょう。流れについて教えてくれます。

 

即日キャッシング後の引き落とし日について

 

次に引き落とし日ですが毎月何日に引き落としされるかは基本的にキャッシング会社が決めます。いくつかの引き落とし日からこちらが希望する日にちを選択できる場合もありますがそれが自分の希望する日とは限らないので注意が必要です。
特に給料日前に設定されてしまう場合などは引き落としされないことも考えられますので引き落とし日がいつになるかは必ず確認しておきましょう。
とは言え口座引き落としによる返済は自分で返済に行く手間が省け、口座にお金が入ってさえいれば毎月確実に返済できるので便利な方法なのは間違いありません。即日キャッシングを検討している方は覚えておくと良いでしょう。

即日キャッシングと振込融資の疑問点は電話で解決できる?

即日キャッシング可能なキャッシング会社に申し込み振込融資を利用する場合、わからない部分もあると思います。
初めて即日キャッシングを利用する方ならなおさらです。もしなにか疑問点がある時は電話で相談してみましょう。

 

即日キャッシングでも相談ができます

 

キャッシング会社は必ずコールセンターを設けていて、電話による問い合わせ、相談に対応しています。電話番号はホームページに記載されており、時間帯によっては音声ガイダンスのみの対応になってしまいますが24時間対応のところもあります。
ただ音声ガイダンスの対応だと疑問点を質問することが難しいのでスタッフによる対応が何時まで行われているのか、こちらも確認しておきましょう。
コールセンターに電話をかければオペレーターに繋がり、質問に答えてくれます。振込融資をするためにはどうすればいいのか、必要書類はあるのかなどどんなことでも聞けますので気軽に相談してみましょう。
親切に教えてくれます。携帯電話を使えばインターネットでの申し込み中や自動契約機での申し込み中にリアルタイムで相談できて便利です。

 

電話を活用して即日キャッシングしてみましょう

 

即日キャッシングでは普段することのない手続きを行うためどうしても戸惑ってしまいます。自分1人ではどうすればいいかわからないことも出てくるかもしれません。
そんな時はすぐに電話をして問い合わせしましょう。
しっかり疑問点を解消してくれスムーズにキャッシングが利用できるようになります。電話での問い合わせで料金がかかったりすることもないので安心です。

初めて消費者金融でお金を借りました

 

財布を落としてしまい生活費が無くなった


生活費の入った財布を落としてしまい、銀行のキャッシュカードも財布に入っていたため給料日まで生活をする術がなくなってしまいました。
銀行にはすぐにカードをストップしてもらったので良かったのですが、キャッシュカードを作るのも少し時間がかかると言われて差し当たって今日の生活をどうしたら良いのかと目の前が真っ暗になる思いでした。
幸い免許証や定期券などは別に持っていたので良かったですが、今どうにかしなければならないのは当面の生活費です。
給料日まではあと5日、それを凌げるほどの食料も家にはありません。
これは緊急事態だからと縋るような思いで消費者金融にお金を借りることに決めました。

簡単に出来た申し込み


人に見られるのは抵抗があったので、ネットで探して申込をしました。
何日も待っているわけにはいかないので即日融資が可能で、その中でも口コミで評判の良いところを選びました。
ネットから申し込んで即日融資は可能なのだろうかと思っていたのですが、案外審査は簡単に進んでしまい1時間もかからなかったように思います。
必要な書類も写真をとって送るだけなので、全く負担が無かったというのが正直な感想です。
後々調べてみたら何かしら問題がある人は審査が長引いたりするようですが、今まで借金をしたり延滞をしたわけではないので特に問題なく審査を通過出来たようです。

在籍確認で借金に気付かれた


その後は無人機からカードを発行し、専用のATMからお金を引き出しました。
借りたのは5万ほど、30日間無利息で融資をしてくれるところだったので次の給料日にお金が入れば十分返せる額だと思いました。
しかし、一つ大事なことを忘れていたのですが職場に在籍確認の電話が入っていたらしく、たまたま受け取った人がキャッシングを過去に利用したことがあって勘付かれてしまったのが気まずかったです。
お金を落として生活費が無くて、という話をしたら通帳で下ろせる設定にすれば良かったのにと言われて借金以外の方法があったことに初めて気付きました。

特に問題なく返済できたものの


結局落とした財布は誰かが拾って交番に届けてくれたようで、中に入っていた社員証がきっかけで会社に連絡が入りました。
幸いなことに現金も抜き取られておらず、借りたお金もすぐに返済することが出来ました。
実際借りてみて思ったのは案外楽に借りられてしまうということで、これは気を付けなければ借金地獄に陥りそうだと思いました。
次は何かあっても安易に借りないように気をつけたいと思います。

 

更新履歴